有酸素運動やサプリメントを使って認知症を予防しよう

葉っぱ

冷えないための栄養を

座っている女性

冷え性が慢性化すると様々な不調を招くので、冷え性対策用の健康食品を摂取して完治させましょう。心身が緊張していると冷えが重症化しやすいので、リラックス系のサプリもおすすめします。気持ちを落ち着けて睡眠の質を高めれば、自律神経のバランスは自然と改善していきます。

もっと読む

全身の血行を促進

レディ

手足の冷えは末梢神経の血行が滞ることで起こります。そのため、冷え症を改善するには末梢血管を広げ、身体の中から温めることが重要です。唐辛子やショウガの成分を摂りいれ、血管を広げる事が冷え症改善に繋がるでしょう。

もっと読む

脳の健康を守るためには

男女

生活習慣と食事が大切

認知症は年をとると誰でもかかる可能性がある病気ですが、脳の血流量を増やしたり脳機能を活性化させることで予防できることがわかってきました。また発症しても適切なケアを行えば症状の進行をゆるやかにすることができます。認知症を予防するのに効果があるのが運動です。週に3日以上有酸素運動をする生活をしている人は、成長ホルモンの分泌が良くなるため認知症の原因となるアミロイドβという物質が脳にたまりにくくなります。その他にも人と交流したり、読書やゲームをするなど脳を活性化させる活動をするのも効果があります。また青魚に含まれているDHAやDPA、赤ワインや色の濃い野菜などに含まれているポリフェノールなども認知症を予防する働きがあることがわかっています。

原因物質の蓄積を防ぐ

DHAが認知症予防に効果があるのは、脳の神経細胞を活性化させる働きがあるからです。記憶を司る海馬にはDHAが多く含まれていますが、加齢によって徐々に減っていきます。DHAを補うことで記憶量が増えたり脳の働きが正常化してきます。またDPAは脳の血流量を増して細胞に栄養を与えたり、血栓が出来るのを防ぐ働きがあります。またポリフェノールは認知症の原因となる物質が蓄積するのを防ぐ働きがあると共に、活性酸素を除去して細胞が傷つくのを防いだり生活習慣病を防ぐ働きがあります。糖尿病や高血圧などの生活習慣病にかかっている人は認知症になりやすいので注意が必要です。こういった予防効果のある栄養素は継続して摂り続ける必要があるため、サプリメントなどを利用すると摂るのが簡単になります。

妊娠中に気をつけること

女の人

女性は妊娠出産などにより貧血になりやすいため、日ごろから食事に気をつけ積極的に鉄分を摂取していかなければなりません。しかし立ちくらみなど貧血の症状が出た場合、無理せず病院を受診し検査を受け必要であれば鉄剤を処方してもらうのが良いです。

もっと読む