有酸素運動やサプリメントを使って認知症を予防しよう

女性

冷えないための栄養を

座っている女性

冷え性の状態というのは、体にとってよいことが一つもありません。血行不良、免疫低下、便秘、肌荒れといった様々なトラブルを招いてしまうのです。冷え性は体質からくるもので完治には時間がかかりますが、体を温める健康食品を摂ることで3ヶ月程度で改善することが可能です。おすすめの成分はショウガ、にんにく、マカ、イチョウ葉、ビタミンEなどであり、こられを複合的に配合した冷え対策サプリもあります。ビタミンEに関しては通常不足することはありませんが、食生活が極度に乱れていると稀に欠乏症を起こします。また精力剤や滋養強壮サプリなども体を温めるのに適しており、食後に飲むことで胃腸を元気にして代謝を上げることも可能です。代謝が上がれば自然と体温も上昇し、病気のリスクを軽減することができます。

気持ちが高ぶっていると体温が上昇すると思うでしょうが、逆に毛細血管を収縮させて冷え性を招くのです。冷え対策をするためには心身を落ち着かせる必要があるので、リラックス系の健康食品もおすすめです。ショウガは体を温めて、気持ちを落ち着かせることで冷え性を根本から改善してくれます。ショウガは生よりも乾燥させたほうが、体を芯まで温めることができるのです。サプリに配合されているものはすでに乾燥させてあるので、野菜としてショウガを摂るより効果的です。にんにくと卵黄を組み合わせたサプリは滋養強壮によく、スタミナを増強してストレスに強い体に変えてくれます。冷え性がひどいと寝つきも悪くなるので、睡眠改善のためにも体を温めていきましょう。