有酸素運動やサプリメントを使って認知症を予防しよう

女性

妊娠中に気をつけること

女の人

妊娠による体調変化

妊娠すると日頃は気にも止めないことが気になったり、同じように過ごしていても体調が悪くなったりすることがよくあります。妊娠初期にはつわりがあり食べ物が食べられなくなる、特定の匂いがダメになるといった方もいます。しかし妊娠中期に入り、体調が安定してきて比較的食べ物を摂取できるようになっても貧血の心配があります。実際、妊娠中の検診では、妊娠期間中に2回、貧血の検査を行います。そこで異常値であると、大抵は鉄欠乏性のものであるため、鉄剤を処方されます。そしてしばらく継続して内服する必要があります。もしくは注射を行っている産院もあります。そして産後、また採血をしますが、その時も貧血について調べます。それほど、妊娠期間中の女性は鉄分を失いやすいのです。

鉄剤内服後の体調

貧血になった場合、ふらつきや立ちくらみなどの症状のほかに、足がムズムズとして眠れなくなることがあります。それらの症状が出てくると自分でも貧血ではないかと疑うようになります。採血をするとすぐに結果が出るのでそこで鉄剤を処方されます。内服後数日で足のムズムズ感などは取れ立ちくらみなどの症状も改善されて行きます。鉄剤の副作用ですが、代表的なものとして便秘があります。妊娠中は便秘になりやすいので、鉄剤を内服することによりさらに便秘を悪化させてしまう可能性があります。食事に気をつけて食物繊維などを取り、また貧血を予防するような食事をとるよう気をつけなければなりません。また緑茶を飲むことにより鉄分の吸収を妨げることがあるので、麦茶等にかえるのが望ましいです。また他にも貧血対策のサプリメントが販売されています。こういったサプリメントは妊娠中の人以外も飲んでいる人が多いです。普段の食生活を意識していても貧血気味であれば、サプリメントに頼ってみましょう。